宮ヤマ205系 運用まとめ

2019年3月16日改正版、ver1.0 (2019/03/19)

ここでは205系のうち、宇都宮線で使用されている小山車両センター所属(宮ヤマ)の205系車両の運用についてまとめています。

※ 凡例

※ 番号(A351~)は独自に付けた便宜上の数字です。
※ 運用は様々な事由により変更されることがあります。
※ この運用データはあくまで独自研究に基づいたデータであり、公式的なものではありませんのでご留意ください。

このデータの作成にあたり、各種掲示板での運用報告を始め、多くのデータを利用させていただきました。

205系 (Y編成)

8+3+1※配置・6+4※運用

※A352,A356~A351は小金井で編成が変わることがあります。また、車両不足時は併結のない運用でE231系近郊型/E233系3000番台付属編成(5両編成)による代走が行われる場合があります。
※3本が日光線仕様の配色、1本が観光車両「いろは」となっており、4運用が日光線限定の運用となっています。(日光線仕様でない編成が日光線に入ったり、日光線仕様の編成が宇都宮~黒磯間に入る可能性はあります。)
※ここでは日光線限定の運用は省略しています。

番号運用
A351毎日小金井-635M-黒磯-636M-宇都宮-645M-黒磯-646M-宇都宮-653M-黒磯-654M-宇都宮-661M-黒磯-662M-宇都宮-669M-黒磯-670M-宇都宮-681M-黒磯-682M-宇都宮-691M-黒磯
A352毎日黒磯-628M-宇都宮-637M-黒磯-638M-宇都宮-638M-小金井-673M-宇都宮-673M-黒磯-674M-宇都宮-685M-黒磯-686M-宇都宮
A353毎日宇都宮-623M前-黒磯-626M後-宇都宮-633M前-黒磯-634M後-宇都宮
※ 日光線臨時列車運転時はその運用へ?
A354毎日宇都宮-623M後-黒磯-626M前-宇都宮-633M後-黒磯-634M前-宇都宮-643M-黒磯-644M-宇都宮-651M-黒磯-652M-宇都宮-659M-黒磯-660M-宇都宮-667M-黒磯-668M-宇都宮-677M-黒磯-678M-宇都宮-687M-黒磯-688M-宇都宮
A355毎日宇都宮-631M-黒磯-632M-宇都宮-639M-黒磯-640M-宇都宮-647M-黒磯-648M-宇都宮-655M-黒磯-656M-宇都宮-663M-黒磯-664M-宇都宮-671M-黒磯-672M-宇都宮-683M-黒磯-684M-宇都宮-695M-黒磯
A356毎日黒磯-624M-宇都宮-629M-黒磯-630M-宇都宮-641M-黒磯-642M-宇都宮-649M-黒磯-650M-宇都宮-657M-黒磯-658M-宇都宮-665M-黒磯-666M-宇都宮-675M-黒磯-676M-宇都宮-676M-小金井